忍者ブログ
ときどき日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 …とは金工の鍛金の技法の名前です。
一枚の板を「あてがね」という鉄製の道具の上で回転させながら
金鎚で叩いてしわをつくり、そのしわをつぶすことで
立体を作って行きます。
一定のリズムで規則正しくクルクルまわしながら叩いていきます。

…と書いたところで、普通は「?」ですね。

「回転絞り」は大学での最初の課題だったのですが、
最初は頭で理解できず、体も腕もついていかず
辛かった想い出があります。

先生が「心臓と同じ速さでたたけ」とアドバイスをくれても
それどころではなく、大学生の頃は途中で…逃げました。

20100422.jpg

















今回久しぶりに鍛金だけで作品を作ることになりました。
直径20㎝の銀の板を叩いています。
これはまだ、途中段階。
ふたまわり、したくらい。
いつもの制作とは少し違うので、何だかとても良い気分転換になります。

途中段階だけど、この形、これはこれで「すっと」してて綺麗だな…。
出来上がりは全然違う形になります。

「回転絞り」が楽しいと思うなんて、昔は考えもしませんでした。
人は日々成長です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おおっ!
ふらっと寄ったら素敵な画像が! 
ここでははじめまして、ですね。
本当にこれはこれで綺麗だと思いました。
昔々、初めて金属を叩いて器を作った人も、同じような景色を見て、同じようなことを思ったのかもしれないなぁ、なんてね。
kojikoji 2010/05/03_Mon_:21:42 編集
Re:おおっ!
コメントありがとう!
現在も地道にたたく日々です。
今はもう形が全然違うよ〜。
堅いくせに柔らかくて、素直なようで実はへそまがりで、
奥が深いよ。。。
いつもと少し違う方向から金属をみています。
また暇ができたらのぞいてみてね〜
2010/05/04__01:11
[72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/17 Fukuko]
[11/01 福子]
[10/29 のぅもりぃ]
[10/28 福子]
[07/04 raum]
最新TB
プロフィール
HN:
NISHIKAWA MIHO
HP:
性別:
女性
職業:
金属をつかったものづくり
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone